クレジットカード種類

銀行振込、マスターカード、コンビニ決済に対応

メトグルコ・ジェネリック

メトグルコ・ジェネリック

  • メーカー:Milpharm
  • 発送国:香港・インド・シンガポール
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:メトホルミン塩酸塩

このお薬の人気ポイント

・膵臓に負担がない

・肥満の人にも非肥満の人にも効果がある

商品詳細

日本でも処方されているメトグルコのジェネリック医薬品であるメトホルミンは主成分であるメトホルミンが糖の生成を抑え、血糖値を減少させる効果がある2型糖尿病治療薬となります。

メトホルミンはビグアナイド系糖尿病治療薬ですので、膵臓に直接作用するのではなく肝臓で糖の生成を抑制することによりインスリンの効果を高め血糖値を下げます。
併せて、筋肉や骨格筋、脂肪組織における糖の取り込みを促進して、さらには小腸での糖分の吸収を抑制します。
これらの作用によりインスリン依存状態となる1型糖尿病では使用せず、インスリン依存状態ではない2型糖尿病の治療に用いられます。

メトホルミンは、HbA1c値(ヘモグロビンエーワンシー)、空腹時血糖値およびグリコアルブミン値を改善して良好な血糖コントロールの維持に効果を発揮します。また、肥満であること非肥満であることにかかわらず、同じ程度の血糖降下作用があります。
メトホルミン服用時でもバランスのとれた食事療法、規則正しい生活や運動による運動療法は継続することをメーカーは推奨しています。

メトグルコ・ジェネリック 500mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
500mg × 100錠 ¥36 ¥3,600 ¥32 ¥3,240 97pt 売り切れ

メトグルコ・ジェネリック500mg x 100錠

¥3,240

ポイント:97pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

アルカミン(カタプレス) 高血圧症

高血圧/糖尿病

アルカミン(カタプレス) 高血圧症

1箱¥3,150

血圧を下げ危険な病気を予防

カデュエット(高血圧症)

高血圧/糖尿病

カデュエット(高血圧症)

1箱¥6,180

悪玉コレステロールを抑制する


用法・用量

1日1錠(500mg)より開始し、1日2~3回食直前または食後にお水または白湯などで服用してください。
維持量は通常1日1.5~3錠(750~1,500mg)で、年齢や症状によって服用量を調節してください。
1日最大服用量は4.5錠(2,250mg)までとしてください。

※10歳以上の小児には1日1錠(500mg)より開始し、1日2~3回食直前または食後にお水または白湯などで服用してください。
維持量は通常1日1~3錠(500~1,500mg)で、年齢や症状によって服用量を調節してください。
1日最大服用量は4錠(2,000mg)までとしてください。


注意点

飲み忘れた際は服用せずに、次の服用時に決められた用量を服用してください。
※2回分を一度に服用しないでください。
本剤を服用中も食事療法や運動療法を行うように心掛けてください。
服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないでください。
低血糖が起こることがあります。

下記に当てはまる方は服用を控えてください
本剤含有成分にアレルギーのある方
妊娠中や妊娠の可能性のある方、授乳中の方
乳酸アシドーシスの既往
中等度腎機能障害または重度腎機能障害の方
血液透析または腹膜透析を要する末期腎不全、他の糖尿病用薬(インスリン製剤やスルホニルウレア、速効型インスリン分泌促進薬)を投与中に該当する方
重度の肝機能障害の方
ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある方、およびその他の低酸素血症を伴いやすい状態の方
過度のアルコールを摂取する方
脱水症や脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある方
糖尿病性昏睡や前昏睡、重症ケトーシス、1型糖尿病の方
手術前後や重症感染症、重篤な外傷のある方
脳下垂体機能不全または副腎機能不全の方
栄養不良状態や飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取量の不足、衰弱状態の方

下記に当てはまる方は服用前に医師にご相談ください。
ヨード造影剤を用いて検査をする方
腎機能や肝機能が悪い方
高齢者の方

併用注意薬として下記をご確認ください
ヨード造影剤は、乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

腎毒性の強い抗生物質などは、脱水症状を起こし乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

利尿剤、SGLT2阻害剤などは、脱水症状を起こし乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

糖尿病用薬、インスリン製剤、スルホニルウレア剤、チアゾリジン系薬剤、GLP-1受容体作動薬、モノアミン酸化酵素阻害剤、サリチル酸剤、アスピリン、β遮断薬などは、低血糖が生じる恐れがあります。

アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、卵胞ホルモン、利尿剤、フェノチアジン系薬剤などは、血糖減少作用が弱まる恐れがあります。

シメチジン、ドルテグラビル、バンデタニブなどは、メトホルミンの血中濃度が上昇し効果が強まる恐れがあります。

直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。


副作用

主な副作用として、肝臓機能障害、消化器障害、発疹、そう痒症、代謝異常、頭痛、筋肉痛、めまい、動悸など

重大な副作用として、乳酸アシドーシス、低血糖、黄疸、横紋筋融解症など

その他異常が表れた場合は即刻に服用を中止し、医師の診察を受けてください。


利用者の声

まだレビューはありません。

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る